スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は更新できずすみません。夜中6時に急遽岡山出張が決まり、往復+作業してたら深夜2時帰宅。本日も朝から用事があったので、速攻寝てしまいました。
 復活したて。できれば年内くらいは毎日更新を目指してたのに……むぅ。


 で、今日は消防関係とかいろいろあって大変だったわけで。
 明日は乱れた売場の修正だな……。他にもいろいろせにゃならんことがあるというのに……。


 写真記事を作る余裕がないので、今回は文章で過去ネタを。

 あれは8月くらいだったか。母校の大学が○周年記念だとか何とかで、OBを含めて作品を集めようという企画が上がったそうです。
 でもって、それを引き受けた自分は、他の面々をかき集めリレー小説を書くことに
 で、トップバッターを受けたはいいが、時は夏休みに入り掻きいれ時。忙しくてなかなか書けずにいたのですが、それでも何とか1日こじ開けて書きあげた次第。
 問題は仕上げた時期。



 ……トップバッターが、全体締切直前で仕上げるという愚行をおこなったわけですが。


 無茶ぶりされた後の書き手の地獄が始まる――!




 ちなみにこのリレー。無茶ぶりされたにも関わらず、後者がさくさくっと書きあげてぎりぎり間に合いそうになりました。
 ――でも落ちました

 理由。
 最終ランナーから受け取った雄樹様(←提出責任者)が、出し忘れたから!!


 ……私が言うのもなんだけど、ひどくね……?
 結局、お蔵入りした一品でした。


>雄樹様
 まだ作品が残ってたら、私までメールください。ここに掲載します。



 というわけで。
 せめてもの慰めに、自分が担当したところだけを載せておきます。はっきり文章力のかけらもない内容ですが、この時期自分がハマってたアニメ・作風とかがよくわかるので
 一気に乗せると大変なことになるし、分けて載せます。どーせしばらく仕事が忙しく、落ち着いた記事が書けないし、これで毎日更新というお茶を濁して……(早くも逃避)


 興味がある方は、続きから~。






【文章中の赤色文字は、後ほど解説を入れておきます。オタネタ多すぎなので……】

(起)

「……ん? 色つきの、卵……か?」
 とある日常。とある朝。とある登校風景。変なものを拾う男がそこにいた。
 そこにいたのは中肉中背。成績普通、体力普通、スポーツも普通な俺――飯倉敦、高校2年生。とりあえず自己紹介をしてみたが、いわゆるどこにでもいるありきたりな男子である。
 でもちょっと待ってほしい。昨今の風潮から言って、こういった人物が何かと主人公になることが多いのは周知の事実。何のとりえもない、特に目立つ能力も知能もない平凡な男子高校生が、ある日いきなり事件に巻き込まれるというのは、使い古された鉄板中の鉄板事項。そんな時に、空から美少女が降ってくる、あるいは時空の向こうから美少女が現れる、はたまた突然美少女が襲ってくるという事態が発生し、日常が非日常へと転換、んでもって事件に巻き込まれて俺様主人公という流れが発生する。
――まぁあるいは主人公が何かを決意して、動き出すことで始まる物語もあるにはあるんだが。たとえば部活などの組織に入ることで始まるストーリー。軽音部だの美術部だの麻雀部だの。生徒会もそのパターンだな。ものによってはリンシャンカイホーとかいう必殺技に目覚めるパターンもあるが、たいていは日常系の話で、うんたんしてれば良い。ただ、その手の話の主役は必ず女性であり、登場人物もほぼ女性。女性だけの日常劇があって成立してるわけで、男たる俺にはその手のストーリーに参加することはできない。いても脇役
 そうなると、やはり巻き込まれ系な感じになるのがベスト。ある日突然美少女が~のテンプレは外せない。そのヒロインとの出会いにより話は始まり、最終的にはハッピーエンド。あるいは続刊
 最近ではそこからハーレム展開になるのも常道。メディアミックスを図り、キャラグッズを売るためにはある程度いろんなタイプのヒロインを用意しないといけないからなぁ。ツンデレという言葉も古くなってきたが、まぁいてもおかしくない。無口キャラは高確率で人気キャラになるので外せない。ロリ系キャラは腹黒というのも肯定されつつあるよな。
 そういうものが、もしかしたら俺にも訪れるかもしれない。そう常々、退屈な授業中の合間に考えた俺はできうる限り主人公の特徴に似せようとした。そう、中肉中背、あらゆるもので普通。ものによっては能力とかあったほうがいいんだけど、残念ながらそれは今のところ無理なので、物語途中の覚醒というイベントに期待する。とにかく普通に徹した。
 ……決して現状からさらにレベルアップするための努力を放棄したわけではない。たぶん。
 前置きが長くなった。つまりそんな俺が、変な物体を見つけたということを言いたかったわけで。
 そこに落ちていたのはふたつの卵型の物体。卵と断定しなかったのは、それぞれ赤色と青色に染められていたからだ。形状や大きさは卵そのものとまったく変わらないが、触った感じ若干異質な手触り。こんな感じのおもちゃがあるんだろうか? それぞれに黒字で何か文様がある。文字のようだが、何語かわからない。アラビア語みたいな感じか? 見たことないが。たいていこの手の文字表現は、ラテン語とかアラビア語とか言っておけば問題ないだろ。
 とりあえず青いほうを手に取ってみた。普通の卵を染めただけか? 卵型をしてるわけだし、たとえおもちゃにしても割ることを前提にして作られてる可能性が高い。とりあえず何かやってみよう。もしかするとこれがいきなり美少女突発イベントの幕開けかもしれん。何の考えもなく、道路に軽く、それこそ卵を割る感覚で叩いてみた。
 するとこれまた本当に卵を割った感覚で殻にひびが入り、きれいに割れた。
「……って、おい」
 目が点となった。卵の中から卵が出てきたのだ。しかも複数……正確には5つ。色は赤と青の他に、緑、黄色、紫。サイズも先ほどと変わらない。どうやってこの中に入っていたんだろうか。
「増えた……。でもって消えた」
 思わず呟いたわけだが、危ない人になったわけではない。割らなかった方のひとつ、赤い色の卵が消えてしまっているのだ。どこかに転がって行ってしまったのか? 周りを見回してもどこにもない。卵が姿を消すような穴などないのだが。
深まっていく謎。いきなり美少女テンプレにはほど遠いが、これってマジで日常と非日常が交差した瞬間? つか、俺のヒロインはどこ?
「とりあえず……」
 残り4つを目の前に並べて、赤色の卵を手にとって見た。これにも先ほどとは違う羅列だが文様が並んでいた。だがその解読はどう頑張ってもムダっぽいので今回はスルーした。それよりも、確認せねば。そう考えながら赤い卵を割ってみた。
 ……どうやら思った通りだ。割った瞬間、他の4つの卵は消えた。虚空に掻き消えたといった方が邪気眼臭い表現かも。でもって、割れた卵の中からまたも同じサイズの卵が、今度は2つ生まれた。赤と青だ。
「何のループだ、これは? エンドレス?」
 瞬間、頭の中に「敦ちゃん、でんわー」という声が響いた気がしたが、残念ながら俺には妹はいない。というか、現在夏休みではないから、そういうイベントの発生にはまだないはずだし、そもそもそれでは某有名作品のパクリにしかならないはずだから自重してもらいたい
 とりあえず、無視するにはどうにも面白くない。これからのつまらない授業よりは、何か進展があって俺様主人公フラグを大切に抱えてた方が面白そうだ。青いのを割ってみた。
 今度は6つも出てきた。ピンク色を割ってみる。
 次は4つ出てきた。奇を衒って、まだら色を割ってみる。
 でも変化はなく次は5つ。まともに青色を割ってみる。
 それの繰り返し。本当にループ。数こそ違えど、展開は一緒なのだ。どんな仕組みなのかわからないが、マトリョーシカ人形のようにだんだん小さくなるならいつかは終わりも見えてくるのだろうが、サイズが変わらないから終わりが見えない。
「うん、飽きたな」
 仕組み自体は非常に興味はあるが、進展そのものはない。新たに5つほど卵が産まれているが、もうほったらかしにしておこう。ぶっちゃけ、どうでもよくなってきた。
 新たに生まれた卵を手に取ることなく、置いていたカバンを手に取った俺は、そのまま学校に行こうとして……。
「○×△※□▽×◎!!」
 いきなり意味不明な言葉で呼びとめられた。
 言葉の意味は不明だったが、あまりにも大きな声だったので驚きのあまり振り返った。そこにいたのは……
「……おぉぅ」
 思わずアホな溜息を洩らしてしまった。
 同じくらいの年齢だろうか。ショートカットの女の子だ。ショートカットのはつらつとした感じを受ける、いわゆる「いきなり美少女」のテンプレにばっちり合格なのだが、それよりも驚いた物が彼女にはついていた。
 猫耳と……尻尾?
 日常と非日常が交差した瞬間だった。
「▽◎※××□●→◆!」
 半分混乱している俺の胸蔵をつかんで、彼女は相変わらず意味不明な言葉を叫んでいる。その直後に、道路の上に転がっている卵を指差していた。卵の関係者ですか? この猫耳娘。
「あ、えっと……あいきゃんすぴーくじゃぱにーずおんりー?」
「◆●○↑△▼……○○◎!」
 彼女はしばらく叫んでいたが、はっとしたように何かに気付いたのか、俺のシャツから手を離した。少し離れると、そのまま頭を何度か小突いている。猫耳のせいだろうか? 何かじゃれているようで可愛い。
「◆○×……あー。あー……これでOKかな?」
 いきなり言葉が通じた。
 ここまで来ると予想がつく。いったいどれだけその手のラノベを読んできたと思ってんだ?
 おそらく彼女はいわゆる異世界人。この卵の関係者で、意味不明な言葉は彼女の世界の言葉なのだろう。最初は言語変換しなかったわけだけど、通じなかったら言語変換の魔法か科学技術で合わせてきたのだろう。そうじゃないとお話が進まないからな。
 ……と、ちょっと待て。ひょっとしてこれは……
「本当に来たか! 主人公フラグ!?」
「ひぐっ!?」
 俺の突然の叫びに、今度は彼女がびくっと後ずさった。だが、そんな彼女に構わず俺は両手を広げて天を仰いだ。
「生まれて17年。2次元の壁に憧れて5年くらい! この日が来るのに備えて、超普通人間を目指してきた努力がついに実ったというのだ!」
「!?!?!?!?」
「いやいやわかってる。二次元というのは妄想だということくらい。しかぁし! 目の前に現れた美少女が、ネ・コ・ミ・ミ! この非現実が目の前にあるのがはたして妄想なのか!? 否ぁ! 否否否!! 妄想でしかありえないという俺様が定めた限界点を突破したのだ。今、二次元が目の前に。リアルが二次元に! すべては混じりあった瞬間! 現実世界ではただのモブだった俺が、今! この瞬間! 新たな世界の重要人物への進化……いや、覚醒を果たしたわけで! つまり俺は、現実という限界点を超えた勇者! 勇者いず俺! すなわち主人公!」
 ……あらかじめ言っておこう。
 たぶん、俺はこの時、あまりの興奮に頭のねじが吹っ飛んでおり、何をしゃべっているのかわからない状況だった。だが、この気持ちに関しては、痛いほど理解してもらえると自負している。
「……とりあえず」
 少し息を落ち着かせ、俺は可能な限りさわやかな笑顔を浮かべ(たつもりで)、彼女に手を差し伸べ、やさしい口調でこう告げた。
はっぴぃ、にゅう、にゃあ
「意味不明!!」
 直後、彼女の見事な正拳突きを食らったというのは言うまでもない。
 ――個人的には「チョウシニノッチャダメー」と言ってほしかったわけだが……。


≪続く≫


【解説】
・こういった人物が何かと主人公になることが多いのは周知の事実
 →なぜか最近のラノベ・アニメはこういう設定が多い。

・軽音部
 →「けいおん!」

・美術部
 →「スケッチブック」 ひだまりスケッチやGAは、正確には美術部を扱った作品ではない。

・麻雀部
 →「咲-saki-」

・生徒会
 →「生徒会の一存」もしくは「生徒会役員共」

・ものによってはリンシャンカイホーとかいう必殺技に目覚めるパターン
 →「咲-saki-」の主人公・咲の必殺技

・うんたん
 →「けいおん!」の主人公・唯の必殺技(マテ)

・いても脇役
 →しかし「らきすた」には白石という濃い脇役がいましてね……。

・あるいは続刊
 →弱肉強食。続刊、あるいは2期につなぐには、売り上げという絶望的な数値戦争が……

・無口キャラは高確率で人気キャラ
 →綾波、長門など、その例はかなりの数に。

・ロリ系キャラは腹黒
 →「おまもりひまり」の静水久とか? 最近はこれでキャラ立てするのが基本な気がする。

・卵型の物体
 →テーマの一つが、なぜか卵でした。

・これってマジで日常と非日常が交差した瞬間?
 →「とある魔術の禁書目録」で有名なキャッチコピーの改変版。元は魔術と科学が交差する時。

・頭の中に「敦ちゃん、でんわー」という声が響いた気がしたが、残念ながら俺には妹はいない
 →「涼宮ハルヒ」のエンドレスエイト。アニメでの8回同じスタートを、俺は忘れない

・某有名作品のパクリにしかならないはずだから自重してもらいたい
 →パクリ禁止とか言いつつ、「自重してもらいたい」というところに、その某作品の主人公の口調を彷彿させている文章こそ、自重してもらいたいものだ

・猫耳と……尻尾?
 →テーマのひとつに、猫があったのです。安易に猫耳っ子を出すあたり、限界が垣間見えてますが

・日常と非日常が交差した瞬間
 →繰り返しパクリは、ギャグの基本中の基本です。

・否ぁ! 否否否!!
 →「ジャイアントロボ」の命の鐘の十常寺の台詞。便利だよね、この台詞。

・はっぴぃ、にゅう、にゃあ
 →「迷い猫オーバーラン」のOPタイトル名。この夏、猛威を奮って感染中毒者を増やした電波曲

・「チョウシニノッチャダメー」
 →上記タイトルの歌の歌詞。詳しくは追記参照。


【追記】
☆迷い猫オーバーラン!がわからない人のためのQ&A

Q.何なの?
A.にゃあ
A.キャットじゃなくてねこ


Q.面白い?
A.にゃあ
A.好きって言ったらジ・エンドにゃん


Q.今北産業
A.




Q.なんだこのスレマジやべえ
A.にゃあ
A.うぇるかむねこまねき
A.子猫にこんばんわ
A.はっぴぃにゅうにゃあ はじめまして
A.ん?迷子? いいとこ知ってるよ ご飯食べさせてくれるよ 仲間も沢山いるよ 優しい人達もいるよ
A.非常事態が日常です


Q.お前ら○○しろ
A.にゃあ
A.しっぽのある女の子には命令したって無駄だよ
A.上から目線のてんこもり
A.かまってかまってほしいの
A.調子に乗っちゃダメ
A.いいから謝って 鳴き真似するぞぉ
A.二回死ね


Qこのスレ.気持ち悪い
A.にゃあ
A.ごめん ごめん ごめんね

 


【図解】

 非常事態が      ヽ 丶  \
  日常です!    \ ヽ  ヽ     ヽ
/  /    ヽ    \ ヽ   ヽ
 /   |  ヽ \     \  ヽ  ゝ           (んで)
ノ 丿       \  に  \   ヾ
 ノ  |   |  丶  \     \         (んで)
   /          \ ゃ   \/|                (んで)
 ノ   |   |      \  あ    |         ↑
     /\        \      |         (  ↑
   /   \       /      |          )  (
  /      \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         (   )
/_        \                    ) (       ジ・エンドにゃん
 ̄  | じ  拾 拾| ̄         ノ⌒ ̄⌒γ⌒ ̄⌒ゝ           / /
   | ゃ  え い|         ノ ウェルカム猫招き.  ゝ         / /
   | | ば た|        丿              ゞ      _/ ∠
   | ん い い|       丿/|/|/|/|\|\|\|\|\ゝ     .\  /
   | ! い な|               │                V
――| と    ら|――――――――――┼―――――――――――――――――
   / い    ヽ  巛巛巛巛巛巛巛巛 にゃお巛巛巛巛巛巛巛巛イイ子じゃない時のワタシ
    う
    気    . 
    持      -┼-  -┼-.     ̄フ .i   、  ┼-┼-  -┼、\ .i   、 
    ち      -┼- . ,-┼/-、 ∠ニ、.|   ヽ   |  J.   / |   |   ヽ
           αヽ. .ヽ__レ ノ   o,ノ ヽ/   '   ヽ___  ./  J    ヽ/




 ……意味不明で終わらしてすみません……。




コメント
▼この記事へのコメント
にゃあ







…は!?僕は一体何をつぶやいているんだ、何を。Σ(゚ロ゚;)
2010/12/17(金) 16:36:29 | URL | byきぃ (#i6ucb9Tc) [ 編集]
>きぃ様

 にゃあ。
 チョウシニノッチャダメー!
2010/12/17(金) 23:34:32 | URL | by龍虎乱舞 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。