スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マチアソビに行ってきたよ [一般]旅行記レポ
 過去に書いてた記事からピックアップ。
 10月に行われたイベントの旅行記ネタです。時期的には古いのですが、まぁ今でも覚えている内容なんで。私が初めてイベントというものに参加した報告書。

 まぁロクな内容ではないのですが、よろしかったらご覧ください。



 内容は続きから~。






 時間を追って説明しましょうか……。


 徳島では町すべてを使ってのイベントというのに、「マチアソビ」というのがあります。詳しくはググってもらうとして、よーするにアニメイベント
 ひょんなきっかけで、それに参加しないかと誘われた次第で。最初は断ろうとも思ったのですが、いつもお世話になってる方からの誘いですし、断りきれるものでもない。それにまぁ興味はありましたしね。アニメイベントというものには。
 ライブオンリーならずっと拘束だしつらいけど、まぁこういうイベントならゆったりできる時間もあるだろうと。東京であるわけでないし、まぁ初心者が参加するにはうってつけだろうて。
 そんな考えで、参加を決意したわけでした。


 開催期間は、10月9日から11日の3連休。ただし、10日までは仕事の関係上参加できない、と。
 10日には、今絶賛放映中の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(略して俺妹)」のイベントで、花澤さんが登場するということは聞いてたのですが、さすがに仕事をほっぽり出して行くわけにもいかず、断念。無念。最近の声優さんでは一番好きなのにぃ。

 まぁそんなわけで、10月10日の夜。仕事も終わって、帰宅できたのが20時前後。そこから荷物をまとめて出発。
 ルートは明石海峡を渡るコースです。夜中の明石海峡、初めての体験。

 10121001.jpg
 運転しながらの撮影なので、ブレは勘弁。
 いやー、ライトアップが綺麗でしたよ。途中のサービスエリアによって、写真をきっちり撮れば良かったかも。

 淡路島を抜けて四国に突入。徳島市に入ったのが22時前。意外と早くついたもので。
 とりあえずホテルにチェックインして、いろいろ散策。

 10121003.jpg
 徳島駅、なう
 いやまぁ、別に写真を撮るほどでもなかったのですが。
 とりあえず、駅前のラーメン屋に入り、徳島ラーメンを食ってみましたとさ。とりわけ、驚愕するほどでもなかったけども。


 そのうち、誘っていただいたボスが登場。いつもアニメでお世話になってる方です。ホテルに荷物を下ろし、付近の会場への下見とか行い、本番へのルートを考えながら、その日は就寝。



 翌日。11日。
 朝6時に起きて、のんびり準備開始。天気はものすごくよさそう。
 準備を整えて、ロープウェイ乗り場に向かいます。
 メイン会場は徳島市眉山の頂上にあるイベントスペース。そこに行くにはロープウェイに乗らないといけません。徒歩でも行けるらしいのですが、初心者にはかなりの地獄らしく。
 ボスいわく、こーゆーのは相当並ぶらしいから、開始2時間前には並ぼうという話になり、7時くらいにはロープウェイ乗り場へ。ちなみに空いてないので、建物入り口に座り込み。
 ……これでもかなり予定を縮小したのですがね。本当は5時から、という話になってたし。そこまでせんでも、という話と、一応起きぬけすぐに様子を見に行って全然セーフだったからというので、その時間までずらしましたが。
 というわけで、2番目に並びましたとさ。それでも2番目だったけど


 時間をつぶしてようやく9時前。乗り場開場。そのころにはずらーっと並ぶ一列。アニメイベント恐るべし。
 エレベーターを上って、運航開始を待つ列に並ぶ。
 その建物内には、所狭しと例のポスターが。
 10121004.jpg
 夏に配布された東方と空の境界の阿波踊りポスター。かなり高額で取引されてるという話は聞きましたが……なるほど、これが実物か。とりあえず写真を撮っておこう。
 そうこうするうちに発券も開始。
 10121005.jpg
 往復1000円は高いか安いか。まぁいいけども。
 しばらくすると9時になり、ロープウェイ到着。
 10121007.jpg
 こんなロープウェイに乗って、頂上を目指します。
 頂上へ上る間、流れる車内アナウンスの担当は豊崎さん。さすがに唯のような天然声ではなく、業務用ボイスだったけども、割と堪能。
 ……まぁ車内でバカ騒ぎしてる連中がいたから、半分は聞き取れなかったけどね……。もう少し公共のマナーをね……。


 眉山頂上に着く頃には、すっかり日も高くなっており、快晴満点。
 10121008.jpg
 こんな風景が目の前に広がっております。素晴らしい。
 素晴らしいが……とにかく、あちぃ……。
 10月とは思えない夏日。27度が最高気温と聞きましたが、とにかく日射が強すぎてそれ以上の暑さに体感。日射が死ぬほどきつくて、昇天もあわやという環境に早くも不安。
 とりあえず水分の確保だけはしないと……と思い、近場の自動販売機に赴くと――

 ほとんど全部に売り切れランプ。

 ペットボトル、ジュース、お茶系は全滅。わずかに残ってるのはコーヒーのみという惨状。いやまぁ予想はしてたが……一番最初に頂上に来て、早くも売り切れという状況になってるとは夢にも思わずです
 地上で買っておくべきだったなぁ……。


 缶コーヒーでしのぎながら。
 最初のイベント開始が11時30分。椅子に座ってぼーっとしてました(合間に下の会場で屋台がオープンし、水のペットボトルをゲット)
 現地の大学生っぽい二人組と仲良くなっていろいろ話してたりするうちに、時間が過ぎて……最初のイベント、俺妹座談会が開催。
 10日のイベントに続いての座談会ということで、原作者やアニメ監督、制作関係者が集っての内容。詳しい内容は省くとして、それなりに楽しんで聞いてました。
 まぁ早めに行って、椅子席を取れたというのもあってのんびりくつろぎ体制で楽しめた、というのもあるんですがね。初体験のアニメ関連イベントでしたが、予想外にのんびり楽しめた感じ。



 座談会が終わると、一斉に下の会場へ移動。下の会場では、野水伊織さんのライブイベントが行われてました。「そらのおとしもの」でニンフとかやってる人ですな。個人的には「おまもりひまり」での凛子役もあり。そんなわけで、単独の「BEAM MY BEAM」はノリノリで聞けたなぁ。突っ立って、聞いてるだけでしたが。
 そんな途中参加のイベントも終わり、いったん会場内をうろつく。
 来た時からみょーに気になってた会場にも足を運びました。


 その会場とは――痛車展示場!
 10121009.jpg
 入口にはさっそくToHeart2車が!

 10121010.jpg
 初音ミクもあるよ

 10121014.jpg 10121015.jpg
 澪車
 だって本当はクレイジー。

 10121020.jpg 10121019.jpg
 Angel Beats!車
 天使ちゃん、マジ天使。

 10121018.jpg
 痛チャリもあるんですけど?

 10121012.jpg 10121011.jpg
 10121013.jpg
 まぁこんな感じに様々な芸術品を見てきました。世の中ってば広い


 13時から、メイン会場でいとうかなこのライブが始まる。
 ボスと一緒に参加する予定でしたが、途中ではぐれてしまい、おまけにかなりの日射で意識が半分飛びかけてたので、こっそり離脱。水を補給しつつ、日陰で休憩。
 全体的にはこんな感じでの盛り上がり。
 10121028.jpg
 10121021.jpg
 3日目とはいえ、祝日。子供向けのイベントもあり、大賑わいです。慣れない人ごみに酔ったということもあり、少し離れた場所でタバコを吸いながら休憩。

 そんな時、見かけてしまった。
 10121025.jpg
 俺妹の原作者一行たちが、タクシーで帰ろうとしてる姿を!


 10121026.jpg
 意味もなく、激写!
 ……何やってるんだろうね、俺……。


 少し小腹が空いたので、何か食べようとも思ったのですが、さすがに屋台料金なので高い。回避。
 でもお土産くらい買おうか……と思って、うろうろしてたら、こんな人に会いました。

 10121022.jpg
 っ!?


 10121023.jpg
 初音ミク様こんなクソ暑い中での着ぐるみ業務お疲れ様です
 まぁ周りの子供たちにまじって、「一緒に写真を~」というわけにはいかず、遠くから写真を撮らせていただきました。世界のボーカロイドが目の前にいることに感激です(本当か?)

 せっかくなので、一生懸命愛想を振りまいて販売業務をしてるわけですし、そこのお土産を買いました。
 その名も――
 10121029.jpg
 みくせん!
 ネギ入りです
 いやもう、キャラものを入れただけのパチもんだろーなーとは思ったのですが、これも何かの記念。持って帰るだけでネタにはなりそうですし。
 ……その時は、そう思っていました。

 ところがどっこい。後ほど帰って開けてみると――
 10121031.jpg
 結構、芸が細かい!!
 1枚1枚に、ミクイラストが入ってたりします。うお、これは驚き。
 10121032.jpg
 1枚だけQRコードでした。アクセスすると、着うたダウンロードできます。こちらの写真は微妙に歪ませて撮ったので、アクセスできないと思います。欲しい人は買いましょう(もしアクセスできても、無断ダウンロードはダメよ)
 いやしかし、これはぜひ買ってもらいたい。土産には最適。間違いなく受けが取れる。もっと買っておけばよかったかも……。



 さて、時刻は14時。
 先のライブは終わり、ステージは次のイベント。柵が設けられ、その後ろにずらーっと待機。この1時間後に、次のメインイベント、MOSAIC.WAVのライブがあるのです。ボス的にはこれがメインらしく。
 MOSAIC.WAVは電波系ソングとして有名なユニット。ふぃぎゅ@とか、最強○×計画とかなら知ってる人もいるかと。詳しくはググってくれい。曲とか聞けば、だいたいわかるかと。
 で、そのファンたちも大量に待機状態。無料イベントなので、席の確保とかはなく、早い者勝ち。イベント開始で解放される時には最前列に行こうと手ぐすね引いて待ってるわけです。ボスもそれが狙いらしく、柵の最前列で待機。

 しかし、よーしゃなく照りつける太陽
 目の前で合間のイベントが始まりましたが、正直帽子もなく、ただ直射日光にさらされるだけの自分の意識は、半分飛びかけていました。



 ……あぁ、全国の皆様。
 水分の補給もできず、半分意識が飛びかけてた私は、なぜぼーっとしながら――








 ――ハートキャッチプリキュアショーを見てるのでしょうか……?



 合間のイベントはお子様向け、プリキュアショー。
 混乱を恐れて(あるいは大きなお友達乱入を防ぐため)、特設された柵にもたれて、僕はそれを見ていたわけで……。
 ――というか、柵の向こうでは子供たちが。柵のこちら側では大きな痛い人たちが、くっきりと分かれている姿に物凄くシュールさを感じます
 そして、プリキュアの主題歌に合わせて、「ハイっ! ハイっ!」と痛芸をする集団を見ました日本はまだ平和です


 プリキュアショーも終わり、恒例の写真撮影。子供たちが次々と壇上に登り、プリキュア達と写真撮影。
 一人、それっぽいのがいた気がしますが、それ以外は大きなお友達が混ざることなく、写真撮影大会終了。平和に子どもたちは(別の出入り口から)退場していきます。
 これで終わりと思いきや……最後にプリキュア達のあいさつが始まりました

 シュールですよ?
 会場に子どもたちはいません(スタッフ誘導で、とっとと退場させられたため) 時間も押していたため、すぐの入れ替えだと混乱するための緊急措置だったとはいえ、まだ予定があるにもかかわらず、会場ゼロ
 でもスケジュール通りやらないといけないのでしょう。誰もいない会場に向かってあいさつをする着ぐるみ、もといプリキュアたち。涙を誘います。

 ――いや、まだ日本には彼らがいた!!

「ありがとー!」「プリキュアー!」と大きく上がる声援。挨拶に答えていたのは……柵の向こう側にいた大きなお友達!
 柵を越えた向こうで、手を振ってる一団(ほぼ全員) そしてほとんどが歌う、プリキュアのオープニングあちこちに野太く響く、「ハイっ! ハイっ!」
 ありがとうプリキュア。君たちは子供たちだけではなく……直射日光にさらされ、1時間待機していた僕たちにも癒しをくれたYO



 ……壇上の司会のお姉さんの苦笑が、とても記憶に残るプリキュアショーでした



 そして、いよいよメインステージ。柵が解除されて、一斉にステージ前に出る皆様。
 柵の最前列にいた我々は、そのままステージ最前列へ。
 ……つか、いいんですか? 知らないことはないけど、そこまで詳しくない私が最前列で、明らかに熱狂的なファンが私の後ろにいるというこの光景。
 はっきりいって、本当に楽しみたい方に譲りたかったのですが、もはや入れ替わる余裕もないほどの隙間。そのまま最前列待機。
 そして始まるステージ。事前にボスから渡されたサイリュームを振り回したり何だり。しばらく周りの人たちを真似しつつ様子を見てるうちに、だいたいのパターンを把握。それに合わせて何か知りませんが、ずっと右手を振り回してました
 まぁ知ってる曲もいくつかあったし、そこではノリノリでしたけどね。
 なるほど、ライブはこうやって楽しむのか。ファンのマナー問題というのは良く聞くけど、今回に限ってはそんなこともなく、純粋に楽しめたなぁ。派手に動くから、スポーツの後みたいな爽快感もあるし。
 ……後日、右腕が筋肉痛を起こしたのは内緒


 そんなこんなで、ライブも終了。メインも終わったので、帰宅です。
 30分ほど待たされましたが、思ってたよりは早くロープウェイに乗れて下山。喫茶店でコーヒー飲んで、買い物をしました。
 あと、ラーメン屋にも。
 途中の誰かに聞いた話で、「あの花澤さんが立ち寄ったかもしれないラーメン屋」というのを聞いて、そこへ行って食べた次第でして。確証も何もない情報でしたが。それでも意味なく満足これだから声オタは
 そしてそのまま車を出して、一路広島です。瀬戸大橋を渡って、ボスをお送りして、実家に辿りついたのは23時前後。



 ……翌日、全体会議でしたとさ(死亡)



 なお。
 完全に一日直射日光にさらされた私は、半そでだったということもあり、全身くまなく、あずにゃんばりに焼けました
 しばらくは真っ黒な私。しばらくして脱皮状態。どんなアウトドアを楽しんできたの?と突っ込まれて、堂々と「アニメイベントに1日漬けでした」と嬉々として答えるおいらは、もう戻れない


 僕はどこへ向かおうとしているのだろう……。




コメント
▼この記事へのコメント

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。