スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッツゴー! [アニメ感想]その他
 過去記事より。
 かなーり昔にまとめていた記事なんですが、今更ながらの公開です。というか、けいおんのライブイベントDVD、「レッツゴー」の感想なんですが。
 発売が6月末だったのに、今頃感想とか……。
 まぁせっかく書いたもんだし、上げておくとします。


 ちなみに、どんなDVDかというと。
 けいおんの声優たちが、2009年の年末に行ったライブの様子を取ったDVDです。勢いで買ったけど、意外と楽しめたのでご紹介。
 もうすぐ別のライブもあったりしますが、まぁ気にしない方向で。気になる方だけ、続きからご覧くださいませ~。





 興味のない人はとことん興味ないと思うので、まぁ簡単に。思ったことを率直に箇条書きで書く形式で。
 つかライブDVDなんて、初めて買ったからねぇ。そういう意味ではかなり新鮮な1枚。

【オープニング前】
・学校のチャイムと同時に暗転していくステージ。と同時に、一斉に立ち上がりサイリュームを取り出すファン。なるほど、声優ライブはこうやって楽しむのか(←未経験) ……つか、ずっと立ちっぱなし?


【1曲目:Cagayake!GIRLS】
・一部をのぞいて、バックで生演奏。メインは当て振り楽器演奏。佐藤さん(=律)のドラムっぷりが一番曲にぴったりだったような気がするのは、素人目?
「えんじょい!」「ひぅぃごぉ!」は一緒に飛べ跳ねたくなる。なるほど、これがライブか。
・間奏でのキャラの名前呼び合いは、ライブこそ映えるなぁ~。


【MC1:オープニングトーク】
・ここだけでなく、全般的に豊崎さん(=唯)が司会として引っ張っている感じ。これはキャラ設定(唯がMC得意)というのを生かしたのか? イメージ的に確かに豊崎さんの心臓は太そうにみえるし、それを生かしたのかも。
・逆に日笠さん(=澪)、佐藤さん、竹達さん(=梓)はちょっとテンパってる?
・そんな中貫録を見せる寿さん(=紬)が落ち着きを払っているのがすげぇ。一番年下だぜ? ……まぁスフィアライブとかで慣れてるというのもあるんだろうけども。
「てへぺろ」さく裂(笑) そして反応するファン。けいおんだけが好きな人には、わからんネタだろーなー……。


【2曲目:ギー太に首ったけ】
しょっぱなの「うーっ!」にガチ萌えしたんですが……。
・合間のエアギターもカッコよさと可愛さが同居して大変なことに
・ごめん、中の人には萌えない主義を貫こうとしたんですが、このソロで豊崎さんに完全に萌えました。ファンの盛り上げ方を良く知ってるな、と。


【3曲目:Heart Goes Boom!!】
・歌声にぶれがない(CDと同じ感じ)なのは、さすが日笠さんというところか。
合間に「萌え萌えきゅん」をやってくれたのは、必見


【4曲目:Girly Storm 疾走 Stick】
一番ステージを動いてたのではなかろか。サービス精神という意味では、佐藤さんが一番高かったかも。
・律らしく全力全開って感じ。でもそういう意味ではフリフリ衣装は違和感だったかも。律のイメージだとオーバーオールとかが似合いそうな感じ。


【5曲目:Dear My Keys~鍵盤の魔法~】
・一昔前のアイドルライブのような感じを受けた気がするのはなぜだろうか。
「もう一声~」の盛り上がり感は異常


【6曲目:じゃじゃ馬Way To Go】
・5人の中では唯一キャラ演技・台詞がなかったのは残念。
・しかし、それを補って余りある、あの絶対領域はかなりの反則(マテ)


【7曲目:Maddy Candy】
・アニメ版の衣装で登場。もう登場だけで大盛り上がり。つか仮面を脱いだ瞬間がかっこええ
・「お前らが来るのを……待っていた!」は最高潮になるにはもってこいの台詞だな。
・エア演奏とはいえ、全力全開な真田さん(=さわ子)がすげぇ。歯ギターはもちろん、メイン演奏の人との背中合わせ演奏も様になってるのがすげぇ
・キャラソン単独披露という中では、全キャラ中最大の盛り上がりだった。曲の力もあるが、やはりさわちゃん、愛されてるな。


【MC2:コール&レスポンス】
・ここで米澤さん(=憂)、藤東さん(=和)、真田さん登場。一番人気はやはり真田さんか。
・つか、さすがは声優経歴が長くイベント慣れしてる真田さんは、いろいろ切り返しがうまいな。
・ここでコール&レスポンス。内容については、DVDを見れ(投げっぱ)
・「うんたん」の絵が出てきた時、何気にこっそり真似してる日笠さんが可愛い
野太い猫……。感想を述べる豊崎さんと日笠さんに吹いた。
・そして、野太い妹大量発生
・さわちゃんの際の台詞。盛り上げもうまかったが、すべて終わった後の「……良し」がめがっさカッコ良かった。本当、イベント慣れしてるというか……惚れる。最高の見どころのひとつかも


【8曲目:Lovely Sister LOVE】
・全曲の中で一番アイドルソングっぽいというか、キャラソンを押し出した感じなので、他とはちょっと雰囲気が変わってたか。


【9曲目:Coolly Hotty Tension Hi!!】
ステージを全般的に盛り上げようとしてたのを感じたなぁ。ほぼ手を叩いてたし。2番では完全にステージをまとめてたし。このへんは苦労したんだろうなぁ。


【MC3:ある日の軽音部】
・台詞だけの寸劇。キャラソンパートから放課後ティータイムパートへのつなぎ。
・各人が持つ台本にいろいろ落書きがしてあったが、あれは各声優さんの書いたもの? えらく可愛い唯がいたんだが。あと、米澤さんの持つ台本が、全面に「う い」と書いてあったのに吹いた
・全般的にネタはすべってた感じがしたが、殴打後ブラッディタイムはかなり吹いた


【10曲目:カレーのちライス】
・衣装は先ほどのMCから、アニメ版2年生学園祭バージョンに。
・しょっぱなMCネタは少しすべったか。曲そのものは、普通な感じ。


【11曲目:ふでペン~ボールペン~】
・Aメロ時、全身で手拍子してる寿さんがかわええ
・しかしやっぱふでペンは、日笠ボイスの方が良いですねぇ。ライブには関係ないけど。


【12曲目:わたしの恋はホッチキス】
・ここからサプライズで、声優メンバーの生演奏に。
・実は本番では1回ミスってしまい、みんなに支えられてるシーンがあったらしいが、DVD版ではカットこういうのを入れて欲しかったんだがなぁ……。
・正直、今までのプロの演奏に比べれば、CD音源と比べて劣る。それでも声優さんが少ない時間をやりくりして練習して、これだけの人数の前で披露したというだけで、ものすごい感動がある。思ってた以上にうまかったし。
1曲終わっての安どの表情が、物凄い努力の結果を反映していて良い。もうね、これだけでこのDVDは価値があるよ。正直、本当にすごいと思う。
・ここで涙ぐみはじめる日笠さんと竹達さんが印象的。


【13曲目:ふわふわ時間】
・これも生演奏。CD音源とはかなり違うが、これはこれでいい感じ。
・合間のラップはなし。キャラ名の呼び合い。このバージョンのCDが欲しいんですが。……このあたりから豊崎さんも涙ぐんでたなぁ……。
合いの手の「ふわふわ時間」のお客さんの合わせが凄い。涙で歌声が歪み始めた豊崎さんのフォローか? こういう一体感はライブならでは。
・そしてアニメ版と同じく、リプライズ開始。予定調和とはいえ、やはりあの時と同じような感動が
・最終的には全員涙ぐみ。いったん舞台袖へ全員退場。


【アンコール1曲目:Don't say "lazy"】
・再び当て振り演奏。またもステージを躍動的に動く面々。
・レイジーの間奏は本当、盛り上がりに持ってこいだなぁ。
2番歌い終わった後の日笠さん、めちゃかっこいいんですけど……。この人、ベースをカッコ良く構えると、かなり絵になるよねぇ。


【MC4:重大発表】
・ここで動画が流れて、2期制作決定の発表。客の盛り上がりが異常
・つか、確かにこのタイミングでこういうことされたら、俺でもアホみたいに盛り上がるわ。気持ちは痛いほどわかる。2期を見てる今でも、この映像で鳥肌立ったし。
・そして動画に流れる「ふわふわ時間」の合いの手を、野太い声でファン全員熱唱。何という一体感。これはこの場で味わいたかったかも


【アンコール2曲目:Cagayake!GIRLS】
・OPをもう一度。
・歌い終わった後、完全にぼろぼろ泣いてる日笠さんを中心に、抱き締めあうメンバー。挨拶して退場。
・そこでさらに「もう1回」コール。アンコールの後のアンコールって、あるの?(まぁ予定調和なんだろうけど)
・全員が再登場で、挨拶。ほとんど涙ぐんでの挨拶。内容はDVDを見れ(投げっぱ)


【アンコール3曲目:『レッツゴー!』】
・5人だけでなく、憂・和・さわちゃんを含めてのレッツゴー。このライブだけの特別バージョン。ライブタイトルだし、最後にはふさわしいか。
・憂ボイスの「よっしゃな時も!」がポーズ込でえらく可愛かった。後、さわちゃん(暴走Ver)ボイスの「さぁぁぁ行くよぉぉぉっ!」がすげぇかっこええ。キャラ特性を生かしてるよなぁ。
・歌い終わって全員退場。一番最後に、豊崎さんと日笠さんの「てへぺろ」退場ちょ、けいおん関係ねぇ!
カッコイイ感じの投げキッス退場の日笠さん。最後まで存在感出してた感じ。
・でもってさすがに終了。


 そんな感じの内容。おおよそ2時間半。かなりカットされてるようだけど、十分見ごたえありでした
 単純に車内DVDで流しての車内曲にしようかと思ったのですが、予想以上の出来に、BD版にすれば良かったかなとも反省。BD版が未カットバージョンなら、間違いなく買いなおしてたな。
 まぁ自分の場合、「けいおん」も好きだし、中の人も好きという属性もあったから楽しめたのもありますが。片方だけ好き、という人には向かないかもしれん。――いや、これで新たに目覚めるという可能性もあるかもしれんが
 あと、声優演奏以外はすべてプロによる演奏だし、キャラソン頭には単独弾きもあるので、けいおん音楽が好きな人にもお勧めの一品です。なかなかレンタルでは扱ってないかもしれませんが……その場合は買え。後悔しないと思う。


 つか。声優ライブって、こんな感じで楽しめるのかー。いっぺん行ってみようかなぁ。どうも人ごみは好きじゃないんだが……。
 ライブとかイベントとか、食わず嫌いしてるだけだしなー。

 ……まぁ、時間があれば……なんだが……。




コメント
▼この記事へのコメント
軽めに書くわね。
  

ホッチキス>

>声優さんが少ない時間をやりくりして練習して、これだけの人数の前で披露したというだけで、ものすごい感動がある。

 個人的には律の中の人がとてもよく頑張ったと思います。どの楽器も最初は大変だろうけど、特にドラムは大変だと思うので。あと、以前、ふわふわを演奏していたのを聴いたことがあるのですが、あの頃から考えて一番上達された方はこの方だと思うのよ。
  
 それと、この曲の動画を観たことがあるのですが、何故か顔では無くて、手を観ていた僕。w いや、どのようにギターを弾いているのかかなり気になったのよ。原曲のスコアを見ると、普通の人間には簡単に弾けない押さえ方になっていたので。
  
 
ふわふわ時間>

 演奏歴が長いとは言え、紬の中の人による演奏の安定感がとても凄い件について。
  
 音楽仲間と、もうひとつ前の演奏を聴いていたとき、いきなり弾きまくりのキーボードソロが出てきた時には意表突かれすぎて笑っちゃったもんなぁ。『ジョン・ロード(ディープ・パープルのキーボードの人)がいるぞ!』とか言いながら。


>けいおん音楽が好きな人にもお勧めの一品です。

 おぉぉぉぉ。   先立つものが。と、書いているあたくしは今度は42,000円の機材を買う予定だわよ。音楽用の機材ね。まさしく、一人でHTT…いや、社会人だから"TIT(退社後居酒屋タイム)"とでも言うべきか。(゚∀゚)


いじょー。
2010/12/14(火) 18:01:01 | URL | byきぃ (#i6ucb9Tc) [ 編集]
>特にドラムは大変だと思うので
 なるほど。さすが経験者の視点は違いますねー。
 佐藤聡美は、演技の幅も広いし、かなりの努力家なんだろうなーと思いますよ。本当に。


>紬の中の人による演奏の安定感がとても凄い件
 寿の天才肌は異常。あれで心臓座ってるし、歌もうまいというのだから凄い。けいおんメンツで一番の年下のはずなのに、一番頼られているだけはある。
 今期秋アニメ、百花繚乱でも結構幅広い演技を楽しめたりします。半分エロだけど。


>今度は42,000円の機材を買う予定だわよ
 相変わらず凄いですねぇ……。
 これに匹敵するとなると、先日買ったハルヒのブルーレイボックスで対抗するしか。


>社会人だから"TIT(退社後居酒屋タイム)"とでも言うべきか。(゚∀゚)
 死ぬほど吹きました。殺す気ですか? 遺憾の意を申し上げます。
 お詫びとして、ぜひそのアーティスト名でデビューしてくれることを切に願います。
2010/12/15(水) 02:58:36 | URL | by龍虎乱舞 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。