スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同ローテーション [アニメ感想]2010年度
 借金を返したつもりなのに、またも遅れ始めたでござるの巻き。
 というか、何だろうね? この余裕のなさ。いろいろネタはあるんだけども……。


 時間がないので、前置き省略。
 今回は土曜~金曜分。「Angel Beats!」「けいおん!!」「聖痕のクェイサー」「WORKING!!」「四畳半神話大系」「いちばんうしろの大魔王」「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」「迷い猫オーバーラン」「真・恋姫無双~乙女大乱~」の9本です。最近、このローテーションばっか
 もう少し小刻みにしたいなぁ……。



 内容は続きから~。





・Angel Beats!/第7話
 何かあっさり音無の過去が判明したなぁ。記憶喪失設定が鍵になってると思ったのだが、結局戦線に残るためだけの動機づけの役割にしかなってないっぽい。まぁもちろん、妹が後から登場→ラスボス化という流れとかはありそうだが。
 その後、天使と仲良くなって釣りに行き、その後二人目の天使が出てきてさぁ大変という感じで終了。直井もあっさり仲間になってるし、まぁ敵は必要なわけなんだが……展開ひとつひとつがあっさり訪れてささっと流れていくから重くないんだよなぁ。1クールでやるにはやはり無茶があったとしか……。
 一応、そろそろ世界観が見えてきそうな気がするが……見えてこないと、切りも考えないとまずくなってるかもしれない。



・けいおん!!/第6話
 原作より梅雨ネタを膨らませた回。そんでもって、唯無双。まぁ何気に律が裁縫得意とか、あずにゃんがグッズコレクターだったとか、いろんなキャラの新設定が見れたりもしたけど。吉田脚本ということで心配はしてたが、そんなに暗い方面には進まなかったな。まぁ1期の追加エピソードの時もそうだったが、唯を主役にした場合はキャラ性を生かすために暗い方面には持っていかない傾向にあるっぽい
 あと特徴として、この人の脚本、基本的にいい子キャラになりがちでもあるわな。このエピソードにおける唯のアホキャラぶりは、主に原作エピソードがメインになってる感じだったわけだし。オリジナル部分は比較的まともっぽく見えた。「あめふり」を歌う直前の憂との会話は、いつもの唯の天然キャラからは外れた感じだし。1期追加エピソードの時の、あずにゃんの危機にマシュマロ持参で訪れた時の感じがした。天然無双な唯も良いが、たまにはこういう唯も良いものだ
 次回は澪主役回っぽい。パターンでいくとオリジナルっぽいが、回想シーンとかもあるから、あの話、来るか?



・聖痕のクェイサー/第19話
 何か寝込み百合プレイに、さらには獣○があったような気がするが、気にするまい。
 敵側に囚われた燈の話。ここにきて、さらに新キャラが増えていくんだが。そして何気にいい子もいるっぽいんだが。残り話数が少ないのにさらに設定を広げてどうするのかと。まさか禁断の4クールとか、分割クール制とかいうんじゃないだろうな?
 そういや次回予告の内容もなんか番外編ちっくな感じだったし……。まぁカットから見ると話は進展しそうな気はしたが。もしここで番外編を挟む余裕があるというなら、ストーリーの薄さが浮き彫りに……? 変な意味で恐れとともに震えるわ



・WORKING!!/第7話
 山田登場! 中の人は広橋か。どことなくダウナータマちゃんを思い出したのは、この前会議で移動中の車内の中で「バンブーブレード」を見たせいか?
 このまま全編山田回になるとかと思いきや、一番盛り上がったのは佐藤と八千代のシーンだな。こちら側のラブコメモードの盛り上がりはこちらから始まるわけだし、やはりこのエピソードは外せない。まひるちゃんも応援しているが、佐藤×八千代も応援したい今日この頃。報われない佐藤を応援したいというのが本音だが。
 そういった面もあったせいか、山田のうざさはまだ感じなかったな。中の人の絶妙演技のおかげというのもあるかもしれんが、エピソード的に少なかったせいかもしれん。今後、そのキャラをいかんなく発揮してくれることを願う。
 来週は温泉回? オリジナルっぽいな。ここまで原作をうまくいかすことで面白さを発揮してたわけだが、このオリジナル回が勝負の分かれ目。不安が大きいのは否めないけどな……。



・四畳半神話大系/第4話
 ループも4回目となると、サークルに入るのはつまらん……ということで、1話から登場してた謎人物である樋口の弟子入りしたパターン。でもまぁ結局不幸になるわけだが。今回は小津にどうこうされたというより、結局流れのままにいて自爆した感じがしたな。3話の時は変わろうという意気込みを感じたものだが。
 同じようなループを繰り返し続けるわけだが、そろそろ何か違う視点が欲しいところかも。というか作る方もそろそろネタに困ってるのではないだろうか……?



・いちばんうしろの大魔王/第7話
 またも何か詰め込んだ感じだったな。全体的に1巻のエピソードを2話で消化している感じなんだが、1話目は普通に展開、2話目が一気に消化という感じがする。今回のエピソードだって、ころねを主役にしたいのか、ヒロシを主役にしたいのかはっきりしていない。変に阿九斗にも見せ場を作ろうとするから、さらに誰がメインで、というのがわかりづらいなぁ。もう1話割いてでもそのあたりをしっかり描き分けた方が良かったかもしれない。……まぁ話数制限という大人の事情もあるんだろうが。
 とりあえずささっと解決してしまった感のある今回のエピソードだった。今後のつなぎの為には必要な項目(ヒロシが実は勇者だったとか)があったんだろうけど、ちょっと中途半端気味だった気がする



・おおきく振りかぶって~夏の大会編~/第8話
 5回戦。初回に3点、2回にも1点を取られ、こちらは0点。配色気配濃厚。普通の野球漫画ならこのあたり引っ張るんだけど、あっさり過ぎていくのがこの作品の面白いところ。まぁ序盤のピンチを長く引っ張ってもストレス溜まるだけだからいいんだけどね。ここで完全に研究されつくされてることに気付いた西浦ナイン。次回からはその裏をつく攻撃で反撃開始か?
 それにしても回を進めるたびに、田島が無敵超人と化していくのが何とも。相手の研究筋をいち早く読み取り、的確なバットコントロールをしていく。そら泉あたりからも嫉妬されるのもわかるよ。つか、気付いてたなら早めに報告すればいいのに。三橋が気づいて、周りが脅して聞き出せた情報であったけど、もっと早く言ってれば……? このあたり、もしかしたら今後のストーリーに関係してくるかも?



・迷い猫オーバーラン!/第7話
 うわー、やっちまったよ……。次回予告を除いて、完全に世界観ぶち壊し。なぜか勇者ロボのパロディを前面に押し出して、今までの話を完全無視。王道展開を繰り返して終了。原作には当然あるはずもなく、完全なる原作クラッシュ。原作ファンは怒り心頭、そうでなくても「これはないわ……」と不評の嵐。そんな回。
 ……おかしい。個人的に今回が一番面白かった気がしたんだが……。ダメですか?
 だって、まずOPやEDも完全変更で、福山や三重野が歌ってるんだぜ? 90年代後期から00年代初期の感じで。ストーリーも王道を突っ走るし。おまけに今までの中で最高の作画やばい、血が煮えたぎったぜ。……こういうアニメを見てきた層にはたまらん感じだったなぁ。スパロボ参戦、いつっすか?
 ――逆に、いつもの感じでキャラ萌えしてる人には完全駄作回だったろう。女性キャラ、ほとんど映ってないし(というかほとんどロボだったし) このアニメを見る層はそういう人が多いうえ、若い人が多いだろうから、完全不向けなんだよねぇ。そら酷評が流れても仕方ないわ。おまけに原作信者には……。気持ちはわかる。今期でいえば、「WORKING!」でそれをやられると、俺も発狂する。
 しかしここまで来ると、キャラを使って好き勝手やってくださいとしか受け取れなくなってきたな。もうストーリー展開とかどうでもよいとしか思えない。ハマれば個人的にはありだが、ひとつの作品として考えるとダメっぽいし。こういう感じなのをうまくまとめると、ギャラクシーエンジェルっぽくできるとは思うが……。ああいう遊び心も統一感があってこそだと思う今日この頃。
 あと、かな恵ちゃんは熱血系のキャラは似合わない気がしたのは気のせいかしら?
 まぁでも望んで耐えて、ようやく個人的に神回にあえた気がする今回。萌えキャラのエロシーンより、こういうのが好きな自分はアニオタ失格か? ちなみに来週は「咲」の監督が担当だとかで……今度はそっち方面か? 百合シーンも好きだから困る(マテ)



・真・恋姫無双~乙女大乱~/第7話
 関羽、呉に到着。無事に目的のものを手に入れるだけがメインストーリーなのだが、このエピソードにいたっては、孫策と周瑜がささいなことで喧嘩→実は二人の初めての日を祝したものが原因→仲直りしてそのまま夜に励む→翌日、関羽達に見つかって大騒ぎという話。つか、本気のシーンを地上波で流すな「熱いので火攻めかと思ったら、こちらは水攻めではないか」の下りは、深夜にも関わらず爆笑してしまったぞ(深夜だからこそか?) BD版ではカメラがもう少し上に上がるのですか? なら買いだな(マテ)
 一応、黄蓋の登場回。二人の仲直りの為、身内を騙す策を実行するという内容だが、演義における「苦肉の策」には程遠い内容だったか。出番も台詞も多かったにも関わらず、最後の孫策と周瑜の本番キャッキャッウフフにすべて取られた感じだな
 しかし、これで関羽は難なく目的の物をゲット。帰るだけになったのだが、今後どこかに合流するのか? あるいは全員がミッションクリアするまで出番がないのか。全然進展しそうにない趙雲&馬超組に参加するかも。
 次回は劉備側に戻って、孟獲との出会いっぽい。EDから予想してたが、あの幼女がやっぱり孟獲なのね……?



 今回はこんなとこ。




コメント
▼この記事へのコメント

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。