スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年の最後が、超簡潔でごめんなさい…… [アニメ感想]2009年度
 さて、こちらは2009年度冬アニメのまとめ感想で。
 途中であんな経緯があり、視聴はしたけど感想はグダグダになってしまいました。申し訳ない。このままスルーで終わろうかとも思ったのですが、さすがに2009年度最後がこれというのも何なので、一応形だけでも。
 とはいえ、本当に簡易感想です。ごめんなさい。


 一応、続きから。





・おまもりひまり
 最終回で、ようやく凛子に出番があったなぁ。まるでここまでとっておいたんだ!と言わんばかりに啖呵を切りまくってたが……それでもカットされたエピソードを振り返るとねぇ……。
 恐らくアニメの結末はオリジナルなんだろう。原作でも追い付いてないはずだし。つか、中間飛ばし過ぎだし。今回だけの2段階変身は、原作にも今後出てくるのか否か。
 全体的にいえば、普通にハーレムアニメ。序盤は弱かったが、中盤からエロ度が増したあたり、テコ入れされたというか(もっとも制作はかなり早い段階で終わってたらしく、視聴率に左右されたわけではないと思うが) そういう意味では一度は見る人がいるだろうと思われる作品。ただ、そこまでどまりなんだろうねぇ。原作既読作品だけに、かなり残念だったかも



・おおかみかくし
 全編を11話で終了。最終話は番外編的内容のギャグ回。最終話はギャップでの眠演出が面白かったなぁ。喫茶店メニューのないものに「ガーン」と連続ショックを受ける姿に吹いた。
 本編自体は特に大きな盛り上がりもなく終わった感が強い。多分もっと深い人間関係があり、そこを掘り下げていけばそれなりに面白い人間模様が見れたかもしれないのだが、短い制約がある1クールでは厳しかったのかもしれない。なので、最低限のあらすじをみている感じがした。話の展開はわかったけど、だから何?という感じ。かといって、あらかじめ話を飛び飛びにすると意味不明になるし、難しいところではあるんだが。
 でも現状のDVDの売れ行きを考えると、やはり成功したとは言い難いんだろうなぁ。



・ダンスインザヴァンパイアバンド
 最終話で真のラスボスが登場して、いかにも2期とかあるような見せ方をした最終回。もっとも現在の売れ行きを考えると厳しいかもしれないねぇ。
 制作ギリギリのシャフトだけあって、途中で総集編を挟んだり、アップ画像や、風景画像でごまかした演出があったりと、作画的にはかなり不満ある出来栄えだった。紙芝居的というか。仕事を抱え過ぎというか、少しは自重しないと、アニメ化に選ばれた原作がかわいそう過ぎる。
 まぁ一応二人の関係をうまくまとめた感じはあるし、最終回の形は作れたかな。もっとも作画の面もあり、かなり切り捨てられた結果になった気がする。ネット放映中の「化」が評判が高すぎる、看板作品の「ひだまり」も同時期放映という現状ではあり、その被害をもろに受けた感じがするのが何ともねぇ……。



・ひだまりスケッチ☆☆☆
 最終回まで、良くも悪くも「ひだまりスケッチ」 最終回で特に特別なことをすることもなく、みんなで料理を作って終わりみたいな形で終了。このまま次も続きがあってもおかしくない終わり方だった。まぁひだまりに特別なことを期待しても仕方ないわけだが。このまま何事もなく、時期が来たら4期がはじまりそうな気がする。
 いつもののんびりまったりアニメなので、もはや固定ファンしか見ない作品ではある。とはいえ、冬アニメ1クール作品では唯一売り上げ数値を残した作品(バカテスがまだ出てないが)だし、地力はまだまだある。何だかんだと続編が期待されるんだろう。絶望・ネギまと違い、そう簡単に単行本が出るわけでないし、OADという路線も厳しいだろうしなぁ。



 というわけで、2009年度カテゴリもこれで終了。最後が尻切れ的な感想で申し訳ない。今後このようなことは……ないといいんだが。
 2010年度、はたしてどんな作品に出会えるか。期待したい。




コメント
▼この記事へのコメント

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。