スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作読んでみました [アニメ感想]2009年度
 原作版、「けいおん!」を読みました
 いや、レンタルコミックで入荷されたのでね。今更感はありますが。でも思いっきり目立つ所に並べたのは内緒。でもって、即座に借りる(マテ)
 読んでみて思ったのが、アニメ版って結構膨らましてつくってあるのだな、と。しかも世界観はほとんど壊さない形で(アニメ版での鬱演出はどーかと思いましたが) 京アニはあのあたりの演出はさすがにうまいなぁと感じた今日この頃。原作部分もほとんど殺してないし。
 最終回の2度目の文化祭ライブはさすがに方向性が変わってましたが。原作じゃ失敗してるんだ。最終回が神回だった自分には、原作も良いけど、アニメ版も良い改変だと思いましたね。……あずにゃんのデレ部分が削られてるのは納得いかなかったけど。原作、結構デレてんだなぁ。あと、紬が黒い

 さて、話はメインへ。
 今回のアニメ感想です。やっと追い付いた感じで……。ふぅ。でも今月から来月頭まではあほみたいに忙しくなる(内容はまだ秘密)ので、またいろいろ遅くなりそうな気もしますが……。
 とりあえず、今回は月曜~土曜分。「懺・さよなら絶望先生」「うみねこのなく頃に」「GA 芸術科アートデザインクラス」「東京マグニチュード8.0」「宙のまにまに」「CANAAN」「プリンセスラバー」「涼宮ハルヒの憂鬱」「大正野球娘。」「狼と香辛料Ⅱ」「化物語」の11本です。
 内容は続きから~。






・懺・さよなら絶望先生/第9話
 何か久々にシャフトらしいパロディネタを見たなぁ。露骨なエヴァネタから、細かいところまで。あそこまで大胆にされるとかえってすがすがしい。毎回やられると食傷になるから、これくらいのペースがいいね。
 今回も全般的にはまったり楽しめた。Bパートの正解だけど本当は外れネタは、そのままクイズネタで引っ張ればいいのにとかは思ったけども。無理に童話ネタを持ってきても先が読めるだけなのにねぇ。……時に、ネギまと絶望先生、コミックの売上差ネタがあったが、あれは原作からなのだろうか……?



・うみねこのなく頃に/第9話
 何かまたますますファンタジーになってきたなぁ。最後あたりのとんでもバトルは何を意味してたのか? とばっちり食らって死んだ医者とばっちゃが哀れなことに。……なおこのシーンでも、別次元のバトラが出てこないことから、前回推測したミスリード描写の可能性は残る。となると、ストレートに受け入れて、使用人3人の共犯ということになるんだが。
 それと恐らくこのエピソード最大のトリックともいえる密室の形成。赤字言葉を信じるなら、マスターキーを持つ使用人があやしいわけで。先ほどの件も含め、生き残ってる使用人、源次、郷田、シャノンがあやしくなる。あるいはカノンは生き残っており(ミスリード描写は半分真実?)、彼がやったということもありうるな(カノンの鍵はわざとジェシカのポケットに忍ばせ、登場人物をミスリードさせた)
 ……そもそも、マスターキーは本当に5本なのか? 赤字証明されたけど、形が精巧な偽物が混じってる可能性もある(偽物なのでマスターキーではない=5本のうちに入らない) それを差し替えることで、密室トリックはあっさり解消できる。そうでないにしろ、ジェシカの鍵を誰かが持ってて、ジェシカの死体発見で浮足立ってる間に、誰かがこっそり置いた可能性もある。……何だ、こう考えると結構穴が出てきそうだな。なぁ素人推理すぎるが。
 それにしても、赤字発言そのものが嘘(最初のルール設定自体が嘘)という可能性も否定できないから、本当にこれだけで推理するのは無理なのかもしれんなぁ。
 次回でエピソード2が終わるか? あるいはもう1話行く?



・GA 芸術科アートデザインクラス/第9話
 後半のイロドルンジャー以外は、原作のあちこちのネタをひっつけまわした感じで、特にテーマ性や統一性はなかったな。まぁある意味消化回だったということかもしれんが。
 しかし今回のキョージュは、より一層無敵振りが強化されて、とんでもないことに。ここまで来ると長門とかぶってくるからいかんな。無口無表情万能キャラだし。……そうなると、あーさんの相合傘未遂もどきも、サムデイインザレインを彷彿させるから困る。すぐに雨が上がったので未遂に終わったが、あのシーンはツンデレ基本シーンとして見るべきなのか? それとも偶然なのか? この手の作品で男女間が出てくるとは思ってもみなかったので新鮮だ。でもきっと、次回は何もなかったように進行するんだろうなぁ。引っ張られるとうざいだけだから、それが正しいのだけども。
 今回、ノダ姉として登場の中の人。あまりに棒すぎるから、作者が特別声優やってるのかと思った。最近、まにまにとかでも出てきたし。しかし違う人。調べると、キョージュの中の人である名塚佳織さんのお姉さん(←声優ではなく一般人)らしいなぜにそんなチョイスを……? 斜め上すぎないか?



・東京マグニチュード8.0/第8話
 うーむ、これはいろんな見方ができるけど、十中八九、悠貴は死んだんだろうなぁ。現実と夢の世界を交互に出していたが、後半の真理の態度からして、悠貴が生きているという幻想を抱いている未来の空回りという感じがするし。一応視聴者的には悠貴は生きてる描写となってたけど、ところどころの演出を含めると死んでるくさいなぁ。
 さて、そうなると話がいきなり重たくなるわけだが。確かにあれだけの大災害を目の当たりにして、身内の死は避けられない話のひとつだと思うけど、あまりに唐突だったしなぁ(まぁ前回1話かけて伏線張ってたけども) せっかく未来がいいお姉さんになったのに、またも不幸演出で視聴者を鬱にさせる気ですか。この作品、どうも救いがたい方向へと進むしかないみたいな感じになってていやだなぁ。確かに大災害で発生するエピソードにハッピーエンドはないとは思うけど、ずっとストレスなのもつらいわけで。最終的に弟の死を乗り越えて前向きになった未来が描かれても、どうにも腑に落ちない気がする。結局、悠貴はトラブルメイクな姉のフォロー役で、それがおさまったから退場という立場にしか見えない。姉弟ではなく、兄妹ならわからんでもないが……これでは最後の最後まで未来が足かせすぎる気がする……。
 一応、真実は来週以降をみないとわからないが……個人的にはいやな方向へ進む道しか見えないなぁ……。ここから実は生きてたとか、安易なハッピーエンド展開というのも逆になえるし……。



・宙のまにまに/第9話
 新展開へ移行。天文ネットワークという各校の天文部などが集まって、一斉星座観賞会。……結局印象薄かったが、これは部長の恋話フラグ回で良かったのか? あまり目立たない男性部長に、実は昔から惚れている美少女がいて……王道過ぎて、最近見ないシチュエーションだったか。
 朔はまだフェイクとして活躍したが、美星はあまり出番なし。むしろ姫ちゃんが活躍してたな、振り回される役として。ナンパ男の中の人はまたも小野Dか。そのうち上半身脱ぎだすんじゃないか?(中の人の別キャラネタ) それとは別に、「目標をセンターに入れて、レリーズ」というのは基本的ながらもかなり古いネタではないかと小一時間。
 次回は草間と美星のデート回? 美星の意識は草間には向いてないだろうし、朔を再び意識付けさせる回か? このまま朔と美星関係をうやむやにさせるかと思ったが、すぐに取り戻す展開はよし。まぁ最終回が近いというのもあるんだろうが。



・CANAAN/第9話
 最終話に向けて、いろんな伏線が少しずつ見えてきた感じ。ハッコーやユンユン達がいた村でのウーアウイルス発症事件の真相とか、サンタナの正体とか。この内容を受けて、能力者育成のラボが次回の舞台になるようで。
 設定説明の回なので、アクションシーンはそんなになし。最後の軽いヘリバトルくらいか。真性ドMのカミングスが、結構リャンに対して忠誠心があったのが驚いたくらいかな。BB弾連射でもてあそばれる日々に「愛」を感じてたんだねぇ。
 次回も残る設定とか、アルファルドの目的とかが判明する回になりそうだ。で、残り2話くらいで決着・エンディングの流れ? 何気にユンユン生存フラグもちらっと出てきたことだし、彼女は生き残るか? ハッコーさんあたりは怪しいけどなぁ……。



・プリンセスラバー/第9話
 あー、やっぱ生きてたか婚約者。最後の手段的に黒幕確定っぽいし。何か妙に本物っぽい演出だし、そもそもこの手のアニメでそんな遠回りする演出しないとたかをくくってたから、だまされかけたよ
 まぁ黒幕正体は恐らく来週演出で、今回は爆弾処理の話。最後のオチが「爆弾はダストシュートに入れたらOK」というのだったけど、それじゃ赤か青かでひたすら悩んでたシルヴィと聖華は何だったんだとメイドも教えてやれ
 大企業のシステムのバックアップをとってないとか、爆弾見つけた場所はわかるのに、解体できる人がいないから素人を向かわせるとか、いろいろ突っ込みどころが多数あるんだけど、この手の作品にそれを求めてはいけないのだろう。まぁチェーンソーを取り出すところは軽く吹いたが。シャルの行動は天然だから、あれは許容範囲だ。
 次回がピンチ演出。その後にクライマックスというところか?



・涼宮ハルヒの憂鬱/第23話
 溜息4話目。実は溜息の中ではもっとも盛り上がるエピソード。あまりの暴走ハルヒに、ついにキョンがキレて手を上げそうになるシーンだしな。それを目にして、ショックを受けるハルヒ→部室でこっそりポニテを作りながら、機嫌を取ろうとか考えるハルヒとか、デレ要素も多いし。
 さすがにそこらへんは外さなかったが、いくつか原作改変はあったか。さすがに高校生が出てるので、テキーラは却下され甘酒に変更……というのはわかったが、みくるの頭をぽかぽか殴る理由が、コンタクトを外す→背筋をのばすに変えられたのはなぜだろう? そういういじめが流行るとかいうのを考慮したのか? さすがにそれはないと思うが……。
 ついでにいうと、とどめのみくるをぽこぽこ殴るシーン、原作では面白がって殴ってる感じだったが、アニメでは「しっかりしなさいよ」と優しく殴る感じに変更されてたのもなんだかな。まぁあまりやりすぎて、ハルヒ反感主義を出させないためというのがメインと思うが、逆にそれでは普段冷静なキョンが唯一キレたという持っていき方に不自然さが発生する気がして。どうせならとことんやるべきだったと思う。じゃないと、池への強制ダイブを命じたところですら我慢したキョンの行動が不可解になる。
 とはいえ、キョンの怒りにハルヒがたじろぐシーンはやはり良かったな。原作イラストだと普通に対立しただけの構図でたじろぎはわからんし、文章では表現が難しい。しかし声が入ることで、その動揺ぶりが手に取るようにわかったしな。後のシーンで、あわててポニテを隠すハルヒとかの対応も良かったし。やはりデレハルヒはたまらん(マテ)
 あともうひとつ。今回の描写で、完全に鶴屋さんが悪者に見えた気がするのはなぜだろう。原作通りの動きをしてるのだが、ハルヒの暴走振りが抑えられたせいで、逆に原作通りの鶴屋さんが悪だくみに乗って笑い倒している風にしか見えないんだもんな。鶴屋さんファンの自分としては、少しがっかりした
 さて、55ページ刻みだし、次回で溜息も完結。残りは「ミクルの冒険」「ライブアライブ」「射手座の日」「サムデイインザレイン」か。しかし、その4話を足して、計28話。2話ほど足が出てしまう計算になるが……これはわざとか? あるいは「ミクルの冒険」「サムデイインザレイン」をはずすかもしれんが。時系列的に言えば、最終回が「射手座の日」になるが、これは最終回向きな話ではないしなぁ。あるいは変則27話形式で、「サムデイインザレイン」が入るかもしれん。まぁひとつだけ言えるのは……やっぱり、消失はまたもお預けか……。どちくしょお……。



・大正野球娘。/第8話
 メイン的には試合映像を得るために川島が策略を用いただけの内容なんだけど、みょーにラブコメ要素が強かったのはなぜだ?
 女優の代役として抜擢された小梅。最初は嫌がったが、川島の勧めもあって引き受ける。しかし結果は川に飛び込むだけの代役。一方川島は野球大会の映像を入手して……という内容。
 小梅のラブフラグ進展シーンは今後も続いていくのか? 何か次回以降も引っ張りそうだしな。こういう部活アニメでラブコメ要素が出てくるのは違和感ではあるんだけど。現に二人だけのシーンも無理やり詰め込んだ感があるような内容だったし(原作でもあるシーンなのかは不明) ……まぁそれ以上に川島にまでフラグが立つとは思わなかったが。完全予想外な直球は驚く。
 次回予告とタイトルの流れで、完全次回ネタばれなのに吹いた。来週、完全に勘違いネタじゃん。



・狼と香辛料Ⅱ/第9話
 何か、最後の引きが「ホロを売らないか?」みたいな感じで終わったし、全体的にも何か違う感じを受け取ってしまったのは自分の気のせいだろうか?
 どうも今回のホロとロレンスの動きを見てると、ホロが完全に惚れた弱みに付け込んで振り回してる気がしなくもなかった。ホロの嫉妬シーンもあったりしたが、それよりもロレンスがうまく利用されてるだけに思えていけない。確かにやりこめられるところとか、振り回されるところは今までもあったわけだが、最終的には対等の立場にいた感じがしたのにねぇ……。どうも2期になってから恋愛要素が強くなっており、1期のような雰囲気が消えてる感じが今更ながら気付いたような気がする。今回だけの気の迷いかも知れんが。
 まぁ次の話でうまく元の軌道に戻すのかもしれんけど。今のロレンスがホロを売ることに賛同するとはみじんも思わないし。しかし今回の行動が引き金でホロ自身が勘違いする展開なら、ちょっと変わってくるかな。前回のエピソードと今回のエピソード、2回連続すれ違い演出主体の作りならちょっと食傷言うか。できれば二人で困難を打ち勝つエピソードが見たいのだけど……。来週の復活に期待したい。



・化物語/第8話
 するがモンキー編解決。今回もまた、いろんな言葉遊びがしかけられていたな。まぁ、今までに比べるとわかりやすかったけども。駿河が表向きな願いと裏向きな願いを両方かけていて、今回の結末で相反する願いになってしまったから解決ということか。
 ……じゃないか。小学生の時の願いは、裏の願いが成就することでレイニーデビルが消えたみたいだし、表の願いは形骸的なことなんだろう。ということは、今回の裏の目的である阿良々木殺害は達成されていないので消えない。でもその原因(=表の願い)である「ひたぎの傍にいたい」という目的が達せられなくなるから、願いがかなえられなくなったということか。いくら魂を奪い取る悪魔の手とはいえ、状況変化で依頼主の心からの変更にも受け付けるなんて、レイニーデビルはわかってるやつじゃないか(ちょっと違うかも知れんが)
 結局、阿良々木を殺すと確実にひたぎのそばにはいられないことを宣言され、状況矛盾が発生したため、駿河の事件は解決。中途半端に残ってしまったが、ひたぎが阿良々木から離れない限りそれは永遠に再発動しないだろう。
 それにしてもメインヒロインのひたぎはかなり良いなぁ。こういうエピソードごとのヒロイン変更構成は、何かにつけメインヒロインがおざなりになってしまう(某魔術師とか)ものだけど、今回は解決の切り札になってるわけだし、存在感が半端ない。今回の解決法だって、思いっきり「私は阿良々木にデレデレです」と宣言してるもんだしな。毒舌ツンデレとか、メンヘラ少女とか、作中で演出はしてるけど、近年まれに見ない一途メインヒロインキャラじゃないか! ひたぎは。ぱっと見、この手のキャラは好きになれない傾向にあった割に、ひたぎは何かと萌えるなぁと感じてたけど、一途キャラと気付いたので納得(一途キャラには弱いです、私) なるほど、阿良々木君がうらやましい。私にも猿の手を……(マテ)
 次回からは新エピソード突入。



 今回はこんなとこ。




コメント
▼この記事へのコメント
ども。(・∀・)ノ♪

リンク先に、CDの感想を書いております。何気に、紬の歌がヘビロテ。昨日聴いた、今日も聴いた。きっと明日も聴くでしょう。(・∀・)

>アニメ版って結構膨らましてつくってあるのだな

そうなんよー。その例の一つが「うんたん♪うんたん♪」です。

>アニメ版での鬱演出はどーかと思いましたが

激しく同意。

>原作じゃ失敗してるんだ

2巻目92Pのことですね。分かります。つか、すぐに本での検索ができた僕の頭にかなり問題があると思う。おまえは、原作をどこまで覚えているのかと小一時間。

>あと、紬が黒い。

でしょー。逆に僕はアニメでびっくりしました。紬が凄く良い子になっていたので。

でも、キャラソンのことを考えると、アニメ版で良い気がしてきて、きっと明日も紬のキャラソンがヘビロテw。(゚∀゚)


以上、「けいおん!」信者でしたw


(・∀・)ノ♪
2009/09/06(日) 21:18:46 | URL | byきぃ (#CuFEviPQ) [ 編集]
 どもー。

>リンク先に、CDの感想を書いております
 拝読させていただきました。さすがに解説が深い! 勝てる気がまったくしないっすよー。

>何気に、紬の歌がヘビロテ
 紬の中の人は、スフィアというユニットでも歌い手で頑張ってますからねー。
 個人的には3キャラソンを比べると、律=キャラソンっぽく、キャラに沿って歌ってる正統派。紬=キャラらしさは薄れてるけど、歌唱力は一番高い。梓=声優名儀なら普通に良い。キャラソンと名付けるには、キャラから離れた歌い方だけど……って感じでした。

>その例の一つが「うんたん♪うんたん♪」です
 あれを生み出し、あいなまさんをブレイクさせた京アニ演出は異常。

>すぐに本での検索ができた僕の頭にかなり問題があると思う
 いやいや、その気持ちはわかりますよ。原作持ってると、どうしても比較したくなります。「咲」の時は毎回原作と比較してました。

>紬が凄く良い子になっていたので
 腹黒キャラは作りにくかったのかもしれませんね。作品の雰囲気上。でも、百合好きはもっと前面でも良かったような。


 ではー。
2009/09/12(土) 05:38:32 | URL | by龍虎乱舞 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。