スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムオーバー [アニメ感想]2009年度
 ……まぁ、そんなわけで。
 上の記事にも書いたとおり、時間がなくなってしまいました。せっかくの久々の休日だったのに……申し訳ない。
 そんなわけで、アニメ感想は短めに。今回はYOUTUBE視聴分だけ。「咲」「かなめも」の2本だけです。
 かなり溜まってしまったなぁ……。来週感想は一部をのぞいて簡易になります。あらかじめご了承ください。
 つか……次の休み、いつだったっけ……?


 感想は続きから~。





・咲/第17話
 前半終了後の休憩時間での各陣営の会話が挟まれ(かじゅとモモの会話は完全オリジナル)、そんでもって後半戦へ。池田の点数をビタ0にして、リンシャンを封じられたように見せられたが、咲が振り込んで状況を一変させる……という内容。先日出たばかりの6巻の序盤に少し踏み込んだ形だったな。それにしてもこのタイミングでぎりぎり単行本が出るとか、計算としか思えないな
 池田フルボッコで、咲がわざと振込み、ぎりぎり立ち直るとか、ここまで池田は見てられない。だがそれゆえにかなり人気なんだよね、ヘタレの代名詞として。決して池田が弱いわけでなく、周りが異常に強すぎる(かじゅをのぞけば能力者だしな)だけなんだが。もっとも、次回の池田は唯一(?)の見せ場回だし、周りの評価を変えるかもしれん。池田の能力は猫耳だけではないのだよ
 次回は池田が復活し、かじゅも絆を見せつけるという百合全開な話になるかな。もっとも合間のタコスのエロシーンが強調されて、そっちの方で祭りになりそうな予感ナイスバディに割れ目、だからなぁ……。



・かなめも/第4話
 奇をてらったのか、なぜかミュージカル風味な回だった。こういう演出だと、何かいきなりB級に感じてしまうのが不思議。そしてその演出ですべて騙されそうになるけど、作画も今回は良くなかった気がする。水着回は作画があれるというのは、やはりどこの世界でも(ry)
 プールに行きたい一同だが、休みが合わずに行けない。なら水着で配っちゃえというだけの内容。中身的にはかなり少ないし、ミュージカルでごまかさざるを得ないのはわかる気もした。原作そのものが少ないから、こういうところで稼がないと厳しいのかも知れんが、それでも今回のはちょっといただけなかったかもなぁ
 4話目ってたいてい中だるみに来るから、捨て回になることが多いのはわかるのだけど、ここまで露骨なのもね……。ちょっと評価がさがったかも。次回の挽回を期待したい。



 今回はこんなとこ。




コメント
▼この記事へのコメント
全く内容に関係ないんだけど

>タイムオーバー

を見て、映画SAWシリーズを思い浮かべたのは僕だけでは無いと信じたいんだ。w

あ、それと、

>ナイスバディに割れ目、だからなぁ……。

昼間から、脳内がお花畑になりそうなキーワードなのですが。

お花畑になる、僕が異端ですか。そうですか。そうと信じます。いや、そうでなければならぬ。

出だしのネタがSAWだけに。


苦情、受け付けます。(゚∀゚)
2009/08/01(土) 14:22:51 | URL | byきぃ (#i6ucb9Tc) [ 編集]
 きぃ様、ども~。

>映画SAWシリーズを思い浮かべたのは僕だけでは無いと信じたいんだ。w
 そういう考え方があるのに気付かなかった自分が、洋画を扱うのはおこがましいと思う今日この頃。

>昼間から、脳内がお花畑になりそうなキーワードなのですが
 原作からしてエロス全開の回だったので、咲スタッフならやってくれると。結果はそれほど派手ではなかったんですがね。

>いや、そうでなければならぬ
 それで異端なら、俺は狂気になる気がします。社会的抹殺はお早めに。


 では~。
2009/08/05(水) 06:54:01 | URL | by龍虎乱舞 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。