スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいシーズンなのに、いきなりへこむ…… [アニメ感想]2009年度
 この記事を書いてる最中に、いきなりブラウザが消える事件がありましてね……。当然保存なぞしてなかったので、全部消えました。あう。
 以前、そういうので痛い目にあったので、保存する前にコピーをとる癖をつけてて、アップロードミスした際のエラーを回避できるようにはなってたのですが……文章書いてたらいきなりブラウザが閉じるとか、どうしようもないんですけども
 自分が使ってるこのブログは、最近自動保存機能がついて、一気に便利になったのですが、いったんかいた記事を下書き保存して、別の日に編集を続けると、その機能が働かないんですよね。今回、その合間に事件が起こって……久々にキーボードをたたきつけました
 こまめな保存を……といいますが、保存をするたびに、開きなおすのがめんどくさいんだよねぇ……。


 えー、そんなわけで。
 急遽、予定を変更して途中までの文章しか作ってません。実は火曜放映分まで終わってるのですが……すみません、時間がないのでまた後日。新番が一気に始まり、視聴枠も増えてきたので……。
 そんなこんなで、今回は土曜~月曜分と、YOUTUBE視聴分。「化物語」「NEEDLESS」「懺・さよなら絶望先生」「うみねこのなく頃に」「GA 芸術家アートデザインクラス」「うみものがたり」「咲」「かなめも」の8本です。ほとんど新番。おかしい、春アニメ2クールものはほとんど切ったのに、なぜこんなにあるんだろう……。


 感想は続きから~。







・化物語/第1話
 夏の新番、ひとつ目。小説原作、原作未読。結構信者が多いと聞く、西尾維新の作品のアニメ化。学園ものだとは思ってたが、怪奇ものっぽい雰囲気?
 雰囲気はもう全力全開でシャフト+新房。文字だけの羅列が一瞬で出たり、独特な演出が出たり、色合いが少し古風だったり。このあたりはもう昔からの独特の演出だよね。何の前情報がなくても、一瞬でシャフト制作とわかってしまう。
 1話以前にもいろいろ事件があったみたいで、主人公の暦は元吸血鬼で、今はそれが取り払われているらしい。そのため傷の治りも早いとか。でもって、ヒロインであるひたぎは、蟹にとりつかれてる?という感じのようで。そのため体重が5キロしかないという。
 とにかく情報量が多く、シャフト演出だけあってセリフや画面上に上がる文字列が多すぎる。完全意味不明という流れでもないが、把握するのが疲れるかもしれない。そもそも以前の話はきちんと補完されるのだろうか。どうも調べてみると、これより前のシリーズから続きらしいのだけども。
 まずは様子見レベルから。中盤のカッターナイフ&ホッチキスシーンがなければ、淡々とした流れしかなかったしねぇ。



・NEEDLESS/第1話
 夏の新番、2つ目。漫画原作、原作未読。ウルトラジャンプで連載中らしい。近未来で、第3次世界大戦後の日本が舞台のようだが、雰囲気的には荒廃してる? さすがにヒャッハーな世界にまでにはなってないようだが。1話を見ただけではよくわからんが、ニートレスと呼ばれる能力者が好き勝手やってる世界で、そんな中反旗を翻した能力者たちの戦い……のようなものなのだろう。厨二設定あふれる技のオンパレードだったし
 初見の感想は、80年代後半から90年代前半のアニメを見てるような古臭さを感じた。意図的なものなんだろうが、絵柄・演出などそういう感じに近い。キャラデザはどちらかというと少年漫画の感じがしたし。内容もふつーに能力者バトルという感じで、おおよそテーマ性はないか。主役のブレイドの動きを見てるとどっかで見たなぁと思い、監督とかを調べてみると、「仮面のメイドガイ」と同じ人だった。あぁ、何となく同じなわけだ。
 ただEDは驚いたガチなロリレズなんですが。まだ未登場のキャラなので、将来的に出てくるんだろうけど、これは昨今話題の規制に引っ掛かるんじゃなかろか。本編とはまるっきり逆方面なのが吹いた。
 しばらく様子見か。普通に能力者バトルものなら、それほど見ていきたいものではないかな。



・懺・さよなら絶望先生/第1話
 夏の新番、3つ目。漫画原作、原作未読。3期目になるともはや説明は不要か。しかし3期目突入か。かなり人気あるんだな、このシリーズ
 言わずもがなの作りなので、もはや内容などは省略。2期と同じく3話構成に準拠した作りとなっている。以前と違うのは絶望ネタである多数のネタ文字列表記がゆっくりとなったり、時間が長くなったことで、かなり見やすくなったことかな。さすがに今までにはわかりづらかったし。その分、ヤバいネタとかは使えなくなったみたいだが。
 パロも相変わらず健在。個人的には久々にゆのっちが見れて嬉しかったが。このあたりは得意技だし、今後もばしばしやっていくんだろう。むしろ、ED後の絵かき歌コーナー。あれ、毎回やっていくつもりじゃないだろうな? ただ単に、画伯である小林ゆうのすさまじいイラスト見せつけるだけのような……。シャフトは昔から中の人にイラストを書かせるのが好きだなぁ。
 あと気になったのは、3話目の内容が思いっきり次回へ続くみたいな終わり方をしたけど……「まりほり」の例もあるし、まさか投げっぱなしオチなんてことはないだろうな? それはさすがにやめてほしいのだが……。
 内容に関しては相変わらず。引き続き感想を書きにくいタイプの作品なので、視聴は確実に続けるけど、感想が続くかどうかは微妙とさせて。いや嫌いじゃないんだけどね、作品の性質上、どうしても……。



・うみねこのなく頃に/第1話
 夏の新番、4つ目。ゲーム原作、原作未プレイ。ひぐらしで有名になった竜騎士07の新作ゲームのアニメ化。こちらもいつかはしようしようと思ってはいたんだが、なかなかプレイする暇がないまま購入を見送って、結局アニメ視聴に。せっかくなので、素の気持ちで見ていきたいかと
 ひぐらしを手掛けたスタッフがそのまま作ってるので、雰囲気的にはアニメ版ひぐらしと同じ感覚で見れるか。そのあたりに心配はないので、作画崩れだけを気を付けてほしいと思うところくらいかな。
 結構登場人物が多いんだな。推理物の要素が入ると、確かに登場人物は多くなるとは思うが、さすがに一気にこれだけ出てくると把握するのが大変だ。まぁ見続けていくうちに関係はわかってくるとは思うのだけど。しかしそれにしても、登場人物の当て字がすげぇ。意味があるんだろうけど、それなら無理に日本を舞台にしなくても……。――あ、今後こちらでは、登場人物はカタカナ表記とします。当て字をわざわざ漢字変換するの、めんどくさいんだもん。
 キーキャラはおそらく魔女と呼ばれるベアトリーチェなんだろう。ひぐらしで言うオヤシロサマに相当するのかな? しかしこのベアトリーチェ、どこかで聞いた名前のような……。元は神曲で有名なダンテのエピソードだって言うのは知ってるけど、そこからじゃなくもっと別の何かで聞いた気がする。関連性からTRPGとかリプレイのキャラだったかな? 検索かけたけど出てこなかったんだが……。それとも他のアニメのキャラ? ガンスリンガーガールにそんなキャラがいたけど、そこからではなくて……なんだったっけ? まず最初に引っ掛かったのが、内容には全く関係ない謎だったり
 あと気になるキャラは、うー子ことマリア。一瞬見せた表情とかで、狂気に落ちそうな感じはあるなぁ。羽入、梨花、レナあたりに匹敵しそうなキャラになりそうだ。そういえば、マリアにしろ羽入にしろ、堀江が演じるキャラはどうしてこうも変な口調がつくキャラばかりになるんだろう?
 俺の足りない頭ではとてもまともな推理はできそうにないので、純粋に視聴を続けて、その展開を味わっていきたい所存。夏アニメでは期待作のひとつだしね。



・GA 芸術科アートデザインクラス/第1話
 夏の新番、5つ目。4コマ原作、原作既読。最近、絶好調の「きらら」の4コマ作品。ひだまり、けいおんに続けるか否か。
 まず驚いたのは、キサラギの声あれ? 能登出てたっけ?と思わせるくらいだったが、中の人は戸松なんだ。この人、能登声もできるとは驚いた。ナミコさんの声も一瞬わからなかったが、よくよく聞いてみると堀江声だと判別できたんだけど……むぅ、敗北感
 作画的には薄味な感じがしたが、キャラデザは忠実な感じ。話は原作に驚くほど忠実で、しかもテンポが速い。一気に原作ストックを消化した感じを受けたなぁ。原作に忠実なのはいいが、その分落ちの展開も早く、次の展開に移る時もほとんどつながりがないから、合わない人にはとことんあわないかもしれない。「けいおん!」とかが合間にオリジナルをくっつけてストーリー風に仕上げてたのとは反対方面だし。原作エピソードを元にオリジナルに膨れ上がらせるのが、「けいおん」「ひだまり」タイプ。対してこっちは、多少場面変換が多くても原作を忠実に進めるタイプのようで。同系列には、「あずまんが大王」「サザエさん」などが挙げられるかな。初期のころの「らきすた」もこんな感じだった気がする。
 あと、原作では結構深い美術解説があり、アニメでもそれは忠実に引き継がれているのだけど、未読派で美術に興味がない人にはつらい内容だったかもしれない。「けいおん」はそのあたりを可能な限りずばっと切ってあったからなぁ。万人受けするタイプの「けいおん」、原作好きにはたまらないタイプの「GA」という区分けができそうだ。
 ただ現状の原作消化率を見てると、1クールといえど持ちそうにないから、ある程度はアニメオリジナル話を持ってくる可能性はあるそのあたりをどう表現するかだな。1話のキャラ紹介の薄さを考えると、本当に初期の「らきすた」を彷彿させるから、その展開次第では化ける可能性濃厚。そういう期待感も込めて、今後も視聴していこう。



・うみものがたり/第1話
 夏の新番、6つ目。一応、オリジナル作品。言うまでもなく、大本の原作はパチンコの海物語ではあるんだが。そういう意味では原作プレイ済み。しかも痛い目あいまくり。ちなみにパチンコのアニメ化はこれが初めてではなく、昔は「大工の源さん」「吉宗」とかあった。全然話題にならなかったけども。
 当然ながら海の中で数値を背負った魚達を追いかけて一揃えする作品ではなく、オリジナル内容。原作からはキャラだけ借りてきた感じか。サムがめっさスマートなイケメンになってて吹いた。お前、そんなんで確変ぶち当てができるのか?
 ストーリーの内容は、海人であるマリンが、妹のウリン達と一緒に、空人と呼ばれる地上人である夏音達と交流していく展開。さらにそこから、魔法少女的展開があるらしいが。少なくとも1話では変身シーンなどはなかったが、何か邪悪的なものが復活した演出があったので、そこから話が膨れ上がっていくんだろう。しかし何かこんだけの内容を聞くと、カオス的なものしか感じれないから不安
 もっとも監督がARIAで有名な佐藤順一監督だし、今回の1話もそんな癒し空間を感じる作りだった。天然キャラ性を使ったギャグも多かったので、同監督の「ふしぎ星のふたご姫」をも彷彿させたが。今後魔法少女的展開になるのなら、どちらかというそちら方面に話が進みそうだ。
 舞台は沖縄かな? 標準語寄りではあったが、方言が南国風味だったし、島唄も出てきたしな。まぁ確かに原作には「IN沖縄」があったしね(さすがに地中海にはしなかったようで) もっとも個人的妄想では、脳内で「CR魔法少女リリカルなのはStrikerS」になってるんだが。リミット解除演出(魚群)から、スターライトブレイカーリーチ(マリンリーチ)を余裕で外してしまった日にゃ、涙しか出てこないんだが……。
 暴走禁止。あとキャスト的には……驚いた。まさかゆのっちが金髪水着少女として出てくるなんて! ――あ、いや、マリンの中の人が一緒なもんで。ただマリンのキャラ設定が、天然いい人オーラ全開で、声質も一緒なので、どうしてもかぶっちゃうんだよねぇ。目をつぶって音だけ聞いてると、ゆのっちが活躍してるように思えて困る。
 地上人代表の夏音役は、けいおんの紬と同じ中の人。けいおんのイメージが強いが、こちらはボーイッシュで少し乱暴的なイメージだった。良く聞くと確かに同じ人だとわかるんだが、何の前知識もないとわかんなかったかもしれない。声幅が広いのかも知れんな。寿さんの今後も期待したい。
 癒しアニメは基本的には退屈なんだが、合間にちょっとしたギャグを入れてくれると見やすくなる。1話はそれがあったから安心できたかな。今後の展開次第ではあるけど、原作との差を突っ込みながら見れるという意味で、しばらく視聴していきたいかなと。……それにしても、いずれ逆輸入でパチンコ化しそうで怖いな。ゆのっち声のリーチ演出か……。ヤバい、めがっさ打ちたいかも……



・咲/第14話
 ステルス、キターーーッ! いやね、やっぱ現時点ではステルスが一番好きなんだわ、俺。だからこの回を心待ちにしていたわけで。そんなステルスこと、東横桃子のお当番回。そのまま副将戦終了まで行くかと思ったけど、ステルスがノリノリなところで終わったな。
 まぁ一応その前に透華の焼き鳥阻止親倍シーンがあったわけだが、そこでもなぜかファンタジーシーンだったわけなんだが透華の放つロンギヌスの槍が、のどっちのイーピンATフィールドを打ち砕く演出。いやぁ昨今のエヴァ劇場版公開にぴったり時期があってるだけに、パロってると言われても仕方ないかも。実際、原作にそんなシーンはないしな。個人的には面白かったが。やっぱスパロボに……っ!?
 そしてステルス登場。過去回想は原作通りではあったけど、思ったより長くやってくれたなぁ。似た演出が続く感じになってしまったのがアレだが、おおむね期待してた通り。残念だったのは、歌って踊って存在感を見せるシーンが止め絵演出で、動きがなかったとこかな。セリフもカットだったし。めちゃ残念。逆に原作より百合色を強めてるというか、ステルスが涙もろくなってしまってるのが追加されたわけだが、あのあたりはどうかな? ……いやー、原作でめちゃ好きなシーンだから、けっこううるさくいいますよ? でもきちんと鏡の前の衣装合わせとか、かじゅに抱きつくシーンとかをきっちり再現されていたので、最終的には満足
 さて、来週はあっさりステルスが討ち取られるシーンがあり、その後副将戦終了。決勝戦メンツが卓につくまでの流れというところかな?



・かなめも/第1話
 夏の新番、7つ目。4コマ原作、原作未読。きららMAXで連載されている4コマ作品なんだけど……ほんと、きららは絶好調だな
 主人公のかなは、ふとした事情で天涯孤独な身に。家も思わず飛び出してしまったため、すっかりホームレス中学生に。そこに住み込み可能な新聞屋を見つける。そこへ住み込むことになったが、そこにはすでに風変りな人たちがたくさんいて……という内容。
 設定上仕方ないかもしれないが、いきなり序盤から祖母が死んだという重い雰囲気で始まり、しばらくは住み込み探しをするという暗い雰囲気だったので、4コマ原作とは思えないくらい重い内容だった。さすがに冒頭の祖母の死亡をあっさり切り替えらせるわけにはいかないから、最後まで引っ張ったしな。その合間合間に、4コマネタはもちろん、結構ディープなガチレズキスシーンがあったり、かなり危うい時事ネタがあったりと起伏が激しすぎて疲れた印象がある。祖母が死んで天涯孤独→見かけた女性二人が濃厚なキスシーン→身元証明人がいないから仕事も見つからない→配ってる新聞の見出しが「~になって何が悪い!」(某ジャニーズ時事ネタ)……という流れなんだぜ? ギャップが激しすぎて疲れます。もっともこれは強制設定上での話だから、2話目以降からは普通に4コマ原作のノリで来るとは思うけど。……しかし、この時事ネタは大丈夫なんだろうか……。
 ここまでの感想でお分かりかと思うが、こちらはストーリー重視の作りのようで。ある意味初見の人間にはこちらの方が入りやすいかもしれない。先に書いた弊害は出てしまうが。それにしてもストーリー重視タイプの「かなめも」と、原作重視タイプの「GA」が、同時期一斉放映とは……。しかも同じきらら対決で、「けいおん」直後の放送。何かものすごいタイミングのような気がする。
 主人公のキャストは豊崎さんだけあって、やはり「けいおん」がかぶるな。こうなったらタイトルも「しんぶん!」にしなきゃ。それはともかく、唯とどのような差をつけるかが今後の鍵になるかな。まぁ似たキャラではあるんだが。あとキャスト的に思ったのが、少女好きなセクハラお姉さんの役柄に堀江をあてたことか。こういう役柄は、最近の流れだと川澄なんだけどねぇ。まぁ新規開発という意味では楽しみではあるか。
 YOUTUBE視聴枠なので、意識して見ていかないといけないが、今後も気が向く限り見ていくことにしよう。



 今回はこんなとこ。
 あんな事件さえなければ……。




コメント
▼この記事へのコメント
ども(・∀・)ノ♪

ちと遅くなったけど、GA観たよー。感想アップしたよー。URL一応張っておいたよー。

で、

>ある程度はアニメオリジナル話を持ってくる可能性はある

多分、ストーリー的な展開は原作どおりに行くと思うのですが、ネタに関して言えば、アニメオリジナルは第一話で見る限りは、割とある「かも」しれませんわねぇ。

僕の記憶に間違いが無くて、なおかつ連載中の話でネタとして使っていなければ「ピクトグラム」ネタはまだ無かった気がするのよ。だから、ネタの展開としては、オリジナルがあるかも。

第2話に結構期待しています。「あーさん」が出るっぽいし。(・∀・)


いじょー。(・∀・)ノ♪
2009/07/10(金) 21:34:39 | URL | byきぃ (#CuFEviPQ) [ 編集]
 きぃ様、こばはー。

>感想アップしたよー。
 後で拝見させていただきます。個人的都合でレスできないのが残念ですが。申し訳ない。

>「ピクトグラム」ネタはまだ無かった気がするのよ
 あれ? まだ原作になかったですか。合間のきららCMの紹介で、ピクトグラムネタがあったので原作ネタなのかと。最近のはさすがに見てないのでわかんないです。今後このあたりもご指摘いただければ幸いです。


 ではではー。
2009/07/11(土) 02:44:17 | URL | by龍虎乱舞 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。